駄話日記

映画や買った物の感想の徒然日記

夏目漱石 こころ

もし、生涯一冊の本しか読めないとしたら僕は迷わず夏目漱石の『こころ』を選ぶ。

 

ふとした瞬間に、先生と私との物語を読みたくなるのだ。

 

ショートストーリーが小刻みに続く。文学には明るくないけど、僕にとって『こころ』は大切な一冊だ。

 

恋は罪悪。僕にこのことがわかるのはいるの日か…