駄話日記

映画や買った物の感想の徒然日記

映画 パトリオットデイ

を見てきた。

 

今日は振替休日。

午後の予定をこなした後にスカラ座へ。

 

2013年のボストンマラソンテロの事件終結までを描いた作品。

 

「犠牲者は平和への使徒」の表現にグッとくてしまった。ドキュメンタリー作品としては文句なしだと思う。アメリカの捜査はスケールが大きいことも衝撃。

捜査本部に現場を再現し、街に戒厳令を敷く。日本だと考えられない徹底したテロへの圧制だ。

 

ボストンマラソンのテロはニュースで見ていたが、逮捕までの過程にこんなにも色々な出来事があったのかと無知を悟った。

 

雑な感想だが、本当に良かった。

今年必見の作品であることに違いはない。