読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄話日記

映画や買った物の感想の徒然日記

映画『手紙は覚えている』

を見てきた。

 

今年、ヒトラーホロコースト物は二つ目。

かつてアウシュビッツに収容されていたという、認知症の老人に、かつて同胞だったという同居する老人が復讐を依頼し、遂行していくというストーリー。

 

正直、エンディングは予想できた。いくつか、パターンはあるだろうが、一番可能性が高い予想が当たってちょっと満足したが、鑑賞後脱力感が凄かった。

 

自身の行いは何なのか、そして自分は誰だったのかを復讐を遂げながら、理解していく。そして全てが分かった時、贖罪をする。

 

ホロコーストやナチズムの事は、さておいて、認知症の老人が最愛の妻の死を忘れ、何度も手紙によって思い出させらられる。それが見ていて一番辛かった。できる事なら、忘れさせてあげたいと思うくらい。しかし、そんな事は「手紙」が許さない。その事とが、映画のポイントなんだろうけど。

 

決して忘れさせない、そして任務は遂行させる。「手紙」は単なる指令だけにとどまらず、呪縛だと思った。

 

すごく印象的な映画だった。