駄話日記

映画や買った物の感想の徒然日記

映画 『シン・ゴジラ』

を見てきた。

 

なるほど、見た人が口々にエヴァンゲリオンだったという感想を持つことに扱く納得。

総評として、大変面白い映画だった。

 

何よりゴジラが怖すぎる。

 

放射能津波といった人災や天災を、近年の日本の問題点を浮き彫りにしていて、より一層リアルな世界だった。あと、自分が勤務している付近が壊されて行く様をみて、邦画で感じたこと無いリアリティを感じた。

 

各官僚が、ゴジラを倒すために法解釈の見解を話し合ったり、首相が色々と渋ったりと、日本のお役所はこんな感じなのかなと見ていて悲しくなるシーンもあった。

 

そう考えると、特務機関NERVEは法を越権して好き勝手に戦うことが許されるから、便利な機関だ。

 

人間側の会話劇が早口過ぎてリアリティに欠けるかなと思ったが、ゴジラがあまりにもリアルなので、そのくらいの非現実的なシーンを入れないと、見ている側がつらくなりそうな気がした。

 

今のところ文句無しで邦画No.1!

爆音などの大音量で見ることがさらにオススメ!