駄話日記

映画や買った物の感想の徒然日記

映画『ズートピア』

を見てきた。

多分、ディズニーアニメを映画館で見たのは初めて。

結論、面白かった!

草食動物と肉食動物が共生するズートピアを舞台に、ウサギの警察官ジュディと詐欺師の狐ニックの活躍を描く…とこんな内容。

人間に置き換えると、泥沼、複雑な映画になりそうな内容を、さすがディズニー、子供にも理解できるストーリーになっていた。
ズートピアは動物たちの楽園でもある。けど、色々な問題(主に差別)を含んでいるディストピアでもある。そんな背景がスムーズに理解できた。

オープニングでシャキーラの「Try everything」を聞きながらズートピアへ向かうジュディ。『魔女の宅急便』のオープニングと重ねてしまう。希望に満ち溢れた少女が始まりの街を目指す。素敵なオープニングだ。

ギャグも多いし、爽快感、スパイ物感もあり子供は言わずもがな。

できれば、字幕版がいいと思う。英語も簡単だし、リフレインされるキーワードもある。何より、ギャグの部分や、ナマケモノのセリフは吹き替えで見ると口の形とセリフが合わないから違和感があると思う。

しかし、大人になって、ディズニーを見ると、単純に楽しいだけでなく、「深い」と思った。色々な問題定義をしながら、きちんとディズニーなりの回答がある。長年、老若男女に好まれるのは、こんな理由なんじゃないかなと思った。

映画の途中、腹痛が酷く、少し離席したことが悔やまれる。もう一度見にいこう。